プロフィール

サイト管理人&ドールのオーナー:ぱせり(添え物のあれです)

性別:baba(子供二人ともいい年なのに未婚で、孫はいない)

 

我が家のbjdの紹介

2体ともパーツ含め、同じメーカー様です。

メーカー:Angell studio様(中国)

種類:1/3サイズ bjd doll

材質:レジンキャスト(高級樹脂製)

購入依頼先:Legend doll様(中国)

 

№1

販売名:シンシア【この子

身長63.8㎝

頭回り22㎝(9インチのウイッグ)

ドールアイ14~16㎜

メイクは指定カスタムなので、公式のフォトとは違う。

ボディメイクありのヒールフット追加。

Legend doll様で全て揃いました。

後からハンドは1/3 girls’ hands(ordinary shaped)を追加

これはLegend doll様にはなくてAngell studio様で購入です。

 

№2

パーツ購入【ボディとヘッドを別々に発注】

ヘッド】Miss Butterfly Angell studio様

頭回り22㎝(9インチのウイッグ)

ドールアイ 不明なので後で確認

ボディ】球体関節人形用ボディ SD 1/3サイズ 58cm

ノーマルフット・ノーマル胸 女の子 BH314081 Legend doll様

ハンド】1/3 girls’ hands(ordinary shaped)(追加)Angell studio様

ヒールフット】58cm High-heeled feet(追加)Angell studio様

本来ならAngell studio様で全て揃えるのが簡単なのですが、

ボディメイクの追加がLegend doll様の方が楽そうだったのでそちらに発注しました。

=========================================

この子達との出会い

球体関節人形として本格的に意識したのは5年ぐらい前で

当時プレイしていたゲーム内のキャラクターからでした。

恥ずかしい話【キュウタイカンセツニンギョウ】と読めず

googleで検索したのが切っ掛けです。

その後ニコニコ動画で作り方の動画を見たりして、

興味津々で何時か作ろうと思っても、実際には時間的余裕も道具もなく、

頭の中であれこれ妄想だけしていたものです。

 

それも、だんだん薄れて忘れかけていたある日、

youtubeの動画を検索していて偶然、

【DEMUSE DOLL】と言うドールを知りました。

この時はビックリするぐらい綺麗だぐらいで、

サイトのショートカット取っただけで終わり。

その後完全受注生産で更に売り切れてると知る。

 

9月に入り職場の頼まれものを探してて

コスプレ衣装見ていたんですが

シンデレラや、オーロラ姫のドレス見ていて

ああ、これいいなぁ・・・と。

自分は無理だけど、人形なら着れるよねと。

 

でも、リカちゃんに着せて喜ぶ歳でもないし

球体関節人形と言えばここと言うところに飛んだものの

取り扱ってるドールのお顔が可愛らしい過ぎて趣味に合わず

お値段も簡単に買えるほど安くない。

自作キットでさえ高価で【DEMUSE DOLL】の倍のお値段。

その内総合販売サイトを見つけ、まぁ目の保養にはなるなぁと、

ダラダラ画像検索していたら2018年の9月23日です。

 

何体か並んでいるドールのフォトの中で自分好みのお顔の子と遭遇。

可愛らし過ぎず、西洋風過ぎずふんわりした女性の雰囲気。

見付けた瞬間、ドキドキしだして完全に一目惚れでした。

そこが【有名なフリマ】のページとは気づかず

お値段も他の子より断然お安い。

が、まだ楽に買えるほどじゃないと検索を続けていたら、

別の【フリマ】にて奇跡の再開。

更にお安くなってて買おうと思えば買えるお値段。

ああ、この子お迎えしたい。どうしよう。

それでも、きっと後悔するだろうと否定的な考えも出して、

天使と悪魔の攻防じゃないですが、気持ちが揺れに揺れた。

 

ここで普段PC関係とかなら他と比較しながらメーカーとか調べて、

口コミみて、あれこれシミュレーションしてじっくり考えるのですが、

惹きつけられたと言うのか、どんどんお迎えに気持ちが走り出し

結局、ドールの製造元やサイズなどまったく調べもせず

これを逃したら、もう二度と球体関節人形とは縁がなくなる。

今なら何とか買える。お迎えしようと、購入決定。

その後ページの唯一のサイズ表示がbjdの1/3ドールでしたので、

あっちこっちで調べて身長を60㎝と勝手に推測し

別の場所で凄く綺麗な服を見つけこれも購入しました。

 

もはや手元に来るだけと浮かれて球体関節人形サイトを

うろうろしていて、最初に見かけたページの下側に

3サイズが書いてあったのを発見!!

予想していたより3サイズは各最大5㎝、身長は2㎝違いました。

購入した服は着丈(ドレスの長さ)以外全くサイズが合いません。

一瞬にして期待が不安に変わりました。

しかし、そこの画像は削除されてて同じものかどうか不明でしたので

慌てて購入したページで問合せしたが全く音沙汰なし。

まだ発送前でしたので一旦キャンセルしようと

2度目の問い合わせ時に購入キャンセルを申し込みました。

 

そして、事前に購入後のキャンセル不可に不安になり、

服を買ったのにと、新たな子をお迎えする事にしました。

これが販売名【シンシア】と言う子です。

最初の子がキャンセル出来ずに来ても、この子がいるから

親子か姉妹設定でドールも寂しくなくて、

それはそれでいいかとも思いました。

 

さて、お迎えに当たり候補は2体に絞られ、

その内の1体がシンシアでお顔が気に入り、

もう1体は、お顔は綺麗なんだけど表情が哀愁を帯びてて

着れる服が限られるが指先の表情が気に入る。

この2点で迷いに迷っていました。

実は、シンシアは、その時の表示身長が58㎝で、もう1体が62㎝。

この子は注文したドレスを着ている子で、この子に比べ

ちょっとシンシアは背が低いかなとも思っていました。

何しろドレスが62㎝の子用でしたので。

が、指先の表情はどちらも同じと言う事でシンシア優勢に。

指先よりお顔かなと。指先は隠そうと思えばイケるけど

お顔は隠したら意味がないと。

ただメーカー公式サイトではシンシアの方が身長がありましたが、

販売サイトではシンシアの方が身長が低く、どちらで購入しようか

迷って迷って58㎝の方が無難だと販売サイトの方のシンシアに決定しました。

 

そのシンシアも購入後に、どうにも気になるので

販売サイトに質問したら販売サイトのサイズ表記ミスが発覚。

シンシアは63.8㎝あり、結構大きいと判明。

そして最初の子は音沙汰なし、期限内発送通知なしで

フリマのシステムからキャンセル出来ました。

これで一件落着シンシアが我が家に来るのを待つばかりですが、

靴を探していて、どうしても服にも目が行くのですが

好みの服は殆どが身長60㎝以内のものばかり。

それで、今度はシンシアの長身が気になりだし、

新たなボディを買うかどうかで悩みだす。

 

ところで最初の子は購入予定ページだったタイトルを入れたら

管理人のPCでは簡単に画像検索で出てくるんですよ。

その中に見かけない画像があって、飛んでみたら、

ある販売店で普通に売っていました。しかもヘッドのみも可能と。

ここで、最初の子がどこのメーカーか判明。

検索掛けたらメーカーサイトに飛べました。

この時じっくりメーカーのサイト見ていたら、

新たな問題は出なかったんです。

表示速度が遅く、どうなんだろうと思いながら

取り敢えずメーカーサイトはまだあったんだ。

この事実だけで逆に安心してしまいました。

 

そこの販売サイトでヘッドのみ購入予定に。

シンシアの購入先と公式サイトがあるように

最初の子もあって当たり前と思い込んでたんです。

それで、今度はボディが要るなぁと呑気に構えてました。

この時点で、ある個人サイトの中にあった、wikiへのリンクで

ようやく違法コピー、リキャスト等があると言う事を知る。

 

そして最初の子のメーカーサイトでその子のヘアスタイルの

ウイッグを発注し、2日ぐらい後で何気にサイト内見ていたら

何とメーカーサイト以外では販売していないし、あれば違法コピーだと、

明言してあったのです。

これは大問題です。

 

すぐさま購入サイトに購入予定をキャンセルしたい旨通知し返事を待っていました。

自国の祝日明けに、頓珍漢な返事と共に連絡ほしい旨が来たので、

正規品以外は不要と書いて返事したら、あっさりキャンセル出来ました。

このサイト、こちらは振り込み確定してるのに入金確認が出来てなくて、

ずっと処理中でした。

 

まさか、同じ子で2度も違法コピー品を購入しようとするとは

思いもしなくて、舞い上がって、何も見てなかったと猛反省。

 

どちらも料金支払い済みでのキャンセルでしたが、

無事両方とも返金されたので、そこだけは良かったと。

 

最初の出会いの時に、球体関節人形の各メーカーの比較サイズや、

服のサイズの表記について先に調べていて頭にあり

最初の子の情報を購入前に詳しく知っていていたら、

ここも、リニューアルしなかったし、

今頃、ドールのセーターを編んでる事もなかったと思います。

 

思えば小さい頃から意識せずに球体関節人形に興味はあったのです。

リカちゃんを買ってもらっても、

もっと自由に手足が動かせたらいいのに、と思っていたし、

ふっと、関節に丸いものを使ったら、もっときれいに動くかも、

それなら粘土でも作れるかな、でも粘土じゃ脆いし紐で繋いだら、

ポーズは取れないなぁとか・・・・・・

意識こそしてなかったのですが、球体関節人形の

基本は無意識に頭の中にあったのです。

自分ではっきりと気付かなかっただけで、

小さい頃からの憧れの存在だったんだと思います。

 

2度もリキャスト品を購入しそうになり、

新たな子は予想外の長身で、自分の妄想の中の予定が狂い、

パーツでの2体目のお迎えも、メイクやら何やら不安だらけ。

何から何まで想定範囲を外れててしまいましたが、

結果的には2体もお迎えする事となり、

金銭的には、予算の4倍強吹っ飛びましたが、これも縁でしょう。

今は指折り数えてソワソワワクワクしながら、

到着を待っている状態です。