ヘンなこだわり

何かと言えば芸妓さんの着物と帯の事。

自分の中で即座に出てくる芸妓さんの具体像って、

お引き摺りの青系の柄の黒留め 袖と、黒白の献上柄の帯。

赤い鼻緒の黒下駄に蛇の目傘なんですけどね。

何でこの具体像なのか疑問にも思わなかった。

 

テレビの情報にしてはヘンなんですよ。

我が家にカラーテレビなるものが来るよりも前に、

既にこの具体像が頭にあったんです。

んじゃ、実物を見たかと言えばノー。

絵本?芸妓さんが絵本にでる????

 

いえね、日本髪作るって事になった時に、

パッと頭に浮かんだのがこの具体像。

どこでインプットされたのか気にしてなかったんだけど、

献上柄の帯にするもの探してて流石にあれ?ってなってヾ(´∀`;)A

で、あれこれ考えてたら、ふっと判明した。

母の実家にあった日本人形がこの具体像の原風景でした。

 

ガラスケース入りで40cmぐらいの人形で、

テレビの近くに置いてあったと思う。

これが、お雛様の頭みたいなもので出来てたか

布製かは記憶にないんだけど、

お引き摺りをつまんだ状態で帯びに挟み、

蛇の目傘を閉じるのか開くのか、傘を斜め下に持ち、

下向き加減でちょっと色っぽいポーズ。

 

思い出したら、ああ、そうかと納得。

更に子供の頃に何体か古い芸妓さんの人形の解体もしてて、

ポーズとかは全然違うんだけど、

どう言う訳かほぼ同じような黒のお引き摺りの着物、

献上柄の帯に黒下駄と言う出で立ち。

実家の人形はかなり長い間残っていたので

一番記憶に残ったものと思う。

 

それで、詳しい情報を知る前に、自分の中では

芸妓さん=この具体像が出来上がっちゃった模様。

テレビとかで実際は帯も違うし、

着物も毎回黒って事もないし、それを見ても違和感ないんだけど、

具体例は?って聞かれると、

お引き摺りの青系の柄の黒留め袖と、献上柄の帯。

赤い鼻緒の黒下駄に蛇の目傘なんですよね。

そして、何故か髪型が丸髷になると言う不思議。

ちと怖いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください